ストレスマッハの看護師という仕事

患者さんのために日々活躍している看護師さんというのは、あこがれになりやすい職業の一つだと思います。実際、小さい頃とか「将来の夢は看護師さん!」っていう子とか、よく見かけますよね。微笑ましいです。

...でもね、実際にはそんなかっこいいばかりの職業じゃないんですよねえ...。仕事はなかなかハードで大変ですし、ストレスもたまりやすい...。正直、他のところに就職していた方がどんなに楽だったか...とついつい後悔してしまうことも少なくありません...。(国内ならまだしも海外の国際看護師の求人を探しているなら語学の壁などもあるので余計覚悟した方がいいですね。)

やっぱりねえ...一番は人間関係ですよ。これ、本当にきっつい。
なんだろう、女性社会だからなのかなあ...どうしてもネチネチしているというか。ドロドロした人付き合いが目立ってしまうのですよね。悪口とかいうのは当たり前のことだってあるし、人の失敗を笑ったりとかさ...イライラしていると無駄に人に八つ当たりしてくることもあり、イヤミを言われることもあり...。そういう環境に身をおいていると、結構大変です。

ひどい時には、いじめに発展することもあるって言うからね...。まだ私はそういう環境に巡り合ったことはないけれど...。運が良いのかなあ。

後は激務。これもストレスにつながりやすいです。
忙しいと人間、余裕がなくなったりしてイライラしてしまったりするからね。いけないことだとはわかっていながら、どうしてもイライラしてしまう...。

それに加えてとにかく患者さんに対しては明るく笑顔でいなければならないし、理不尽なこと言われてしまったりすることもあるので、本当に爆発してしまいそうになる時はあります。でも、やっぱり自分が選んだ職業だし...全部が全部、悪いことだらけじゃないから続けていられるんだろうな。優しい患者さんに感謝してもらえたりしたときは、「あぁ、看護師でよかったなあ」って実感するからね。

ストレスはマッハな職業だけど、やっぱりやりがいがあって自分には向いてるなあと。
そんなふうに思う今日このごろです。

このブログ記事について

このページは、りゅうたろうが2013年6月12日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケアマネ...まだかな。」です。

次のブログ記事は「前向きな気持ちで頑張る看護師」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。