字を書かなくなった

なんでもネットでやりとりが出来るし、手紙なんて書かなくなった。
なので時の汚さが目立つんです、、、自分のことですよ、
あなたのことではなく(笑)。

書かなきゃわからないけど、たまに字を書くとすごい汚い。

タレントの稲垣吾郎さんも「字が汚いことがコンプレックス」とカミングアウトして話題になったことがあるらしい。
ここにまでSMAPか、って感じですが(笑)。
そこはおいといて。

この"汚文字(おもじ)ブーム"に驚いたのが、
通訳でタレントのニュージーランド人女性、ジェシカ・ゲリティさんです。

「アルファベット圏の人は文字は個性だと思っているから、美醜は気にしない。
書き順や字の間隔も気にする人はいない。

要は読めればいいという感じなんです。
字が汚いことを恥じるのは、日本特有の現象だと思います」

ときたもんだし、これ、本当なんです。

そうなんだね。
欧米人は気にしない。

中国人は気にするよ、彼らって字がすごくうまい。

でも字は上手い方が絶対にいいですよ、頭がよく見えるし、読みやすい。
何書いてあるか分からない字、あるもんね。
そうならないようにしたいものです。

このブログ記事について

このページは、りゅうたろうが2018年2月 1日 16:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今の子供たち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。