茶碗とお箸

女優の朝丘雪路さんがお亡くなりになりました(泣)。
ものすごいお嬢様で、馬車で学校に通ったとか、お金払ったことないとか。
(誰かが後で払ってたんでしょう、別に盗んでたわけじゃなくて)
菜食主義だった、、とかではなくて、目があって動くものは食べられなかったとかで、
野菜ばかり食べてたそうです。
お父様が画家だったそうですが、よほど売れていた画家だったんでしょうねー。

胸が大きかったのですが、それをラジオでどうしても言いたくて、
当時の担当が考えに考えた末に出たのが「ボインちゃん」。
そう、当時はテレビがまだない(?)のでラジオで、
でもだからこそ生まれた言葉でしょうね。

天然なのはお嬢様として育ったからと、もともとの性格からでしょうけど、
日舞が上手で教えていたとかだし。
歌も歌っていました。歌手でもあったんです。

宝塚に入りましたが、ご飯を作ってくれと言われて大変戸惑ったそうです。
作ったことがないから。
お米のとぎ方はおろか、研ぐもんだってのも知らなかった。
お茶碗とお箸しか持ったことない、んだそうです。すごーーい。

掃除の仕方も分からなくて大変だったみたい。
宝塚をやめても、私生活でも家事はしなかったみたいですけど、
津川さんはそれでも愛していらして、とてもいい夫婦でしたね。

御冥福をお祈りいたします。

このブログ記事について

このページは、りゅうたろうが2018年6月12日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「えーー、自分もやってたーー。」です。

次のブログ記事は「身内の裏切り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。