ブラピはやっぱり恰好いい

クエンティン・タランティーノ最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、見ましたか?
世紀のカップル(男女じゃないけど)の映画でしたね!

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ。
もう他にはないくらい最強なコンビだ(そう、、、コンビっていいなさいよ!)。

どういう映画か分からなくて見ましたが、双方が双方をちゃんと理解し、
公私で支え合う、楽しい映画です。

この映画では、ディカプリオがブラピの胸で泣く、ってシーンもあります。
ここが見せ場にもなってるように感じるけど、一瞬ですよ。
最初のほうに一瞬だけ。
でも、俳優としてどうやって生き残っていったらいいのかのはざまで(役柄ですよ)
涙しちゃう、あの葛藤ってのは、実生活でもあるんだろうな、と思います。

それにしても、じっさいの映画の撮影で、
俳優とそのスタントマンがあんなに近くにいるものかな?
、、、いるか?・・・・・仲良くないと出来ない、、か。。。
よく分からないけど。

背格好が似てないと出来ないよね。
あの二人が似てるとも思えないけど、遠くから撮ればいいのか(!)。

スタントさんっていうのも興味ある職業です。
(自分はなれないけど)

このブログ記事について

このページは、りゅうたろうが2020年3月 1日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「床掃除」です。

次のブログ記事は「手足が長いっていいな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。