結局は嫉妬

お金持ちではなかった人がお金持ちになって、それをSNSで公表する、、というか、
豪華な暮らしを公表すると、非難が生じる。
これはもうはっきり言って嫉妬なのですよね。
女性であれば「男性にお金をださせて!」になるそ、男性なら「逆玉!」みたいになる。
それもその人のチカラなのだ、、って聞いたことがあります。
そういう男性、または女性を捕まえることができたのだからいいではないか。
自分には出来ないか、したくないのだから、それでいいのです。
SNSで非難をする人は、SNSでしか非難出来ない。
本名で、面と向かって非難が出来る人ってどのくらいいるんか、、いないと思う。
だったら黙っていたほうがしいし、そもそも人のそういうSNSを見なきゃいいではないか。

見たい、ということは、そこには憧れがあるのだと思うのです。
それは嫉妬だから「自分は嫉妬してます」って認めたら楽ですよね。
嫉妬してます、って認めたうえでの避難、ってこともあるかもだけど、そういう人に誰も賛同しませんよ。
正当っぽいことを言いながら嫉妬してるのを隠してるだけなんだから。
放っておこう。。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、りゅうたろうが2020年12月 1日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シーツのこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。